2018年4月25日水曜日

18/04/25の更新分

さて「Mズ展2018」を見学した翌日23日は
大阪日本橋、ボークス大阪SRで開催されている
MODEL WORKSさんの作品展示会へ (^^ゞ

チョと他にも用事があり、出るのが遅くなっちゃったので
会場へダ~~~~ッシュ!

で、



会場にとうちゃ~~~く♪

さっそく展示作品を見て回ろうと思ったら

・・・・・あれ?
なんか飛行機関係の出品がムッチャ少ないような・・・(^_^;)

やっぱオカメは飛行機屋なので
チョッと残念かなぁ~なんて思っていたのですが



おおお~~~~~っ!



ちっさいちっさ~~~~~~い
1/72の複葉機が展示してあったんですけど
これがまぁ~なんていうか、すっごく良いわけですわ (^_^;)

なんかこう・・・ドン!とくるインパクトは無いんですけど
自動巻き腕時計のムーブメントのような精密感・・・っていうのかな
オカメの超~~~~~~大好物
いわゆる「王道的飛行機模型」の「渋さ」ってやつがビンッビンなんです♪







展示されている作品数こそ少なめでしたが
内容が濃い~~ので

( ̄∇ ̄)b 満足度は高し!

でありました♪



こちらはキャラ物で目を引いたVF-4ライトニングⅢ

う~ん・・・・購入はしていますので
「肥やし」になる前に製作開始しなくっちゃなぁ~(笑)



なにげに凄く充実していたカーモデル (^_^;)


じ・・・自作デカールだってぇぇぇ~~っ(汗)



上手い人の作ったカーモデルって、ボディの光沢感が良いんですよね
ツヤはシッカリ出てるんだけど、どこかシットリというか・・・・

このベンツを作られた方は謙遜されていたんですけど


ですよね(汗)


一番奥にあるホンダストリーム
横にいた方が教えてくださったんですけど
いわゆる「昔のアオシマ製バイクキット」で、「相当な難物」とのこと。

先日、オカメも古い同社製のRZとARを製作しましたので
まぁ~~~~だいたいの想像はつくんですけど(笑)
とてもそうとは思えないシュキッとした仕上がりが素晴らしいですね。



最後は戦車

数は少な目ではありますが
どれもこれもオカメ好みの「渋い」仕上がりが最高です♪

あと、先日のタミヤのラッカー系・陸自色の発売により
いま陸自関係の色が凄く気になっているんですけど



ご覧のとおり、かなり良い感じに塗装されている作例があったので
製作者であるI氏に、どういう塗料を使っているのかとお尋ねしたところ・・・

この前、掲示板ですみれさんがおっしゃっていたのと同じ
「その時その時で随時色を合わせてるので
どの塗料をどうこうってのはちょっと分かんない(忘れちゃった)」
んだそうです。

(;^_^) やっぱ瓶生でどうにかしようってのが間違いなのね

で、その他色々とお話をしているうちに
クレオスの自衛隊色って濃く感じるんですけど・・・
と口にしたところ



単純明快ながらオカメの鳥頭でも理解しやすい名回答が飛び出して
ま・・・・まさに目からウロコ!(笑)

ようはクレオスさんはマジメに新車時のカラーチャートに合わせているので
ああいう濃い目の色になっているんだそうで
(洋上迷彩カラーもそのパターンで作られてますしね)
これで次に陸自のヘリを作る時
オカメ的にどういう感じで進めていけば良いかってのが
なんとな~く見えてきましたので、これは今回の凄い収穫でした♪

あと、Y氏の作例が何点か展示されていたのですが
この方がモデルアートの特集用に製作された10式戦車・・・・・

もう一度「肉眼で」見てみたいんだよなぁぁぁぁ~~

パッと見の派手さはないんですけど
実物を見たら、そらぁ~もう失禁しそうなくらいの激渋さ!
そう、いぶし銀の「志那虎一城」って感じかな(笑)

ほんと、いつかああいう渋い戦車模型を
自分の手で作ってみたいものです (^^ゞ

ってことで、これにて2展示会のレポートは終了です。

今回も模型制作のモチベーションに
良い方向のブーストをかけていただきまして、オカメ感激雨霰
参加者の皆様、ありがとう、そしてお疲れさまでした。

みなさんもお近くでクラブ等の展示会があるようでしたら
ぜひ足を運んでみてくださいね。
凄っごいツボな作品に出会うことが出来るかもしれませんよ

( ̄∇ ̄) ではでは~

最新の更新履歴

04.25 TOPページを更新
04.23 製作中のコスモゼロを更新
04.22 TOPページを更新